ブログ

中古品だと思った

2014/06/11

近年では比較的新しい生活家電のジャンルとして、ジェネリック家電と呼ばれているものが登場しています。

ジェネリックでは医薬品が有名なものとして認識されているものになりますが、ジェネリック家電も同様で、意匠権などが切れた状態の家電製品を第三者となるメーカーが販売することになります。

薬の場合では、成分なども殆ど同じ効果を持っているものが製造されており、元々の製品と違いが無いということが前提とされているのですが、家電品の場合では大きな違いを持っていることも特徴になります。

基本としては同じスタイルを持っているものであっても非常に安価で販売されているものが殆どになるために、中には中古品と間違われることもあります。

ジェネリック家電の場合では、機能について必要最小限に抑えていることが一般的になるために、シンプルな構造に仕上がっていることが一般的です。外観のスタイルだけを似せているものになるために、多機能性にこだわらない方にとっては非常に歓迎すべき商品になります。

知らないでいたからびっくり

2014/06/09

現在では家電品の種類としてジェネリック家電というものが注目されています。

かつては雑貨店やセレクトショップなどといった限られた店舗での販売に留まっていたものですが、近年では一般的な家電量販店でも陳列されているものを目にすることができるようになり、広く認知されています。

ジェネリック家電を知らないでいたからびっくりされる方も多い傾向にありますが、その理由としては、見た目上は非常に綺麗で新しい状態のものになりますが、価格が他の似ている商品と比較した場合では、かなりの激安販売を行っていることにあります。

意匠権の切れてしまった家電品を異なるメーカーが製造することを行っているために、開発費用などがかからないことと、家電製品としての機能をシンプルなものに設定していることが安い価格に設定することのできるポイントになります。

現在ではテレビや冷蔵庫、洗濯機、エアコンや掃除機、扇風機などといった基本となる家電品の殆どを網羅しているために、お得に買い物を行うことができます。

安いのはありがたい

2014/06/03

ジェネリック家電とは、安い価格、製造販売で知られる、ジェネリック医薬品になぞらえた言葉です。安いのに高品質なジェネリック家電とは、どのように製造されているのでしょう。

それは、大手メーカーの、ひとサイクル前の部品や技術を使い、過剰な機能を落とし、単純な機能のみを使うことで、低価格を実現しています。

大手メーカーの開発サイクルは短く、ひとサイクルが終わると、その部品をジェネリック家電メーカーに売却します。また、ここの技術者の多くは、その大手メーカーから、リストラや退職した人達が働いています。

大手メーカーの家電には、普段使わないような付加価値の付いたものが多く、かえって使いにくいと、海外などでは低評価でした。そこをジェネリック家電は、機能はシンプルでも、価格は安い方が良いという、消費者の声を受け、品質はそのまま、機能をシンプルにすることで、価格低く抑えることができました。これが、国内外でも評価されているのです。