ブログ

中古品だと思った

2014/06/11

近年では比較的新しい生活家電のジャンルとして、ジェネリック家電と呼ばれているものが登場しています。

ジェネリックでは医薬品が有名なものとして認識されているものになりますが、ジェネリック家電も同様で、意匠権などが切れた状態の家電製品を第三者となるメーカーが販売することになります。

薬の場合では、成分なども殆ど同じ効果を持っているものが製造されており、元々の製品と違いが無いということが前提とされているのですが、家電品の場合では大きな違いを持っていることも特徴になります。

基本としては同じスタイルを持っているものであっても非常に安価で販売されているものが殆どになるために、中には中古品と間違われることもあります。

ジェネリック家電の場合では、機能について必要最小限に抑えていることが一般的になるために、シンプルな構造に仕上がっていることが一般的です。外観のスタイルだけを似せているものになるために、多機能性にこだわらない方にとっては非常に歓迎すべき商品になります。